映画『信長協奏曲』Blu-ray・DVD発売

興行収入45億円を突破し、実写日本映画として2016年上半期No.1大ヒットとなった映画『信長協奏曲』のBlu-ray・DVDが発売されました。映画本編の制作に続いて、Blu-rayとDVDの制作においても、ディレクション、3時間を超える特典映像制作、パッケージデザインをFILMが担当しております。

商業的に成功した作品だからこそ、ファンに対して誠実なパッケージ化を意識した製作を行いました。そのため、映像はPanasonicによるMGVC(マスターグレードビデオコーディング)方式にてエンコードを行っています。本格的な合戦シーンや、実際にセットを炎上させて撮影した本能寺の変のシーンなど、HDCAM SRマスターに匹敵するクオリティを実現しております。

また、5.1ch音声と2ch音声はテープ収録のものは使わず、HDD収録のマスターデータから24bitでエンコードを行っています。前者はDTSマスターオーディオ、後者はリニアPCM仕様にて収録いたしました。さらに今回は、どんなヘッドフォンでも5.1chサラウンド音場を再現させる、DTS:HeadphoneX音声も収録しております。手軽に5.1ch音声を体感してもらうことで、より映画の、ブルーレイの楽しさが伝わるものと確信しています。