古郡真也プロデューサーが2020年エランドール賞を受賞

日本映画テレビプロデューサー協会主催で、1年を通じて映画やテレビドラマなどで活躍した俳優・プロデューサー・作品を表彰する、2020年エランドール賞が発表され、映画「翔んで埼玉」のプロデューサーとして、フジテレビジョンの若松央樹プロデューサーとともに、FILMの取締役プロデューサーである古郡真也が、映画部門のプロデューサー賞を受賞しました。2月6日には、京王プラザホテルにて授賞式が行われました。
https://www.producer.or.jp/elandor/view/367

映画「翔んで埼玉」日本アカデミー賞優秀賞12部門で受賞

第43回日本アカデミー賞の優秀賞が発表され、FILMが制作プロダクションを担当した映画「翔んで埼玉」が、以下のように最多12部門で受賞を致しました。

優秀作品賞(翔んで埼玉)、優秀監督賞(武内英樹)、優秀脚本賞(徳永友一)、優秀主演男優賞(GACKT)、優秀主演女優賞(二階堂ふみ)、優秀助演男優賞(伊勢谷友介)、優秀音楽賞(Face 2 fAKE)、優秀撮影賞(谷川創平)、優秀照明賞(李家俊理)、優秀美術賞(あべ木陽次)、優秀録音賞(加藤大和)、優秀編集賞(河村信二) ※敬称略
https://www.japan-academy-prize.jp/prizes/43.html